調査部

原位置試験

■標準貫入試験

標準貫入試験装置を用いて原位置における地盤の硬軟,締まり具合または土層の構成を判定するためのN値を求める試験。
質量63.5±0.5kgのドライブハンマーを76±1cm自由落下させて、ボーリングロッド頭部に取り付けたノッキングブロックを打撃し、ボーリングロッド先端に取り付けた標準貫入試験用サンプラーを地盤に30cm打ち込むのに要する打撃回数を測定する。
標準貫入試験装置は、地盤のN値を求めるとともに試料の採取ができる。

  1. 標準貫入試験

    標準貫入試験

  2. 標準貫入試験

    標準貫入試験装置および器具の名称

■現場透水試験

単一のボーリング孔あるいは単一の井戸を利用して地盤の透水係数を求める試験。
地盤の透水性により、非定常法および定常法を使い分ける。
非定常法:測定用パイプ内の水位を一時的に低下または上昇させ、平衡状態に戻る時の水位変化を経時的に測定して地盤の透水係数を求める方法。
定常法 :揚水または注水して、測定用パイプ内の水位が一定となったときの流量を測定して地盤の透水係数を求める方法。

  1. 透水試験(定常法)

    現場透水試験(定常法)

  2. 透水試験(非定常法)

    現場透水試験(非定常法)

  3. 透水試験方法の概要

    単孔を利用した透水試験方法

■孔内水平載荷試験

ボーリング孔内において孔壁を加圧することによって地盤の変形係数,降伏圧力および極限圧力を求める試験。
試験孔の孔壁面に対して垂直方向に載荷し、そのときの圧力と孔壁面の変形から地盤の変形係数,降伏圧力,極限圧力を求める。

  1. 孔内水平載荷試験

    孔内水平載荷試験

  2. 孔内水平載荷試験

    孔内水平載荷試験

■揚水試験

揚水井と複数の観測井を用いて地盤の透水特性を求める試験。
単孔を利用した透水試験はボーリング孔や井戸近傍地盤の透水係数を求める方法であるのに対し、揚水試験はより広い範囲の地盤の透水量係数および貯留係数を求めることができる。

  1. 揚水試験

    揚水試験設備の設置例

■孔内流向流速測定

単一の測定孔を用いて水平方向の地下水の流れの流速と流向を求める試験。
テレビカメラを用いて地下水中に浮遊する微細粒子の移動を測定することにより、地下水の流速と流向を測定する。

  1. 孔内流向流速測定

    孔内流向流速測定

  2. 流向流速測定

    流向流速測定(粒子追跡型による測定例)

このページのTOPへ